STEP1

学校においてビデオを使い、子供たちの環境問題への意識の芽生えと行動を促すことを目的としています。


ビデオテープ
環境ビデオ
「アクアの旅」

子供たち(小学校3年生・4年生)に水の惑星からの使者アクアをとおして、ルール違反のゴミ捨てや自分一人くらいという自分勝手な行為が、地球環境を破壊していることに気づかせ、環境問題を自発的に個人レベルで考えられるようにすることを目的としています。

「アクアの旅」シナリオを見る
「アクアの旅」登場人物紹介を見る




STEP2

家庭において保護者を交えた“身近で出来る環境保護活動”(ゴミの分別・減量化)を実行していただき、環境問題意識を高めることを目的としています。


 保護者のしおり
「保護者のしおり・表彰状」
学校でビデオを見た後は、「保護者のしおり」を持ち帰り、保護者に今日学んだ環境についてのことを報告します。保護者と一緒に環境問題について考え行動目標をたてること、それを実践してどんなことがわかりどんな結果になったのか、感想文にまとめて提出するまでが、子供たちへの宿題です。少しでも行動できたら、名前を書いて親子で表彰しあってください。




STEP3

再度学校において、子供たちが家庭で行った環境保護活動を評価することで、子供たちが喜びを感じ継続的な環境保護活動を率先して行う人間になることを目的としています。



「感想文」
学校では、子供たちが書いてきた感想文を、学校行事や参観日などに発表します。それぞれの子供たちみんなの行動がすばらしく、それを自分たち自身で目標設定して保護者と一緒に行動実践し、結果を出したことを高く評価しましょう。

戻る 次へ


環境ビデオ アクアの旅